読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それゆけアスペちゃん

アスペルガー症候群な高校生の日々ブログです。

Can I be colorful and free?

 春休みが始まって1週間が経とうとしております。私の通う中高一貫私立校は、単位を落とした学生対象の補講以外に課外だの補習だのが無いので、新学期までは登校の必要もありません(当然のように帰宅部)。

 さて、春休み突入直後に同級生女子からのLINEがピロロン。「同じクラスの女子で遊びに行こう」とのこと。うちの学校は男女の比率が少し変わって(?)おりまして、1クラスあたり女子が10人程度しかいないため、割と気軽に集まれるようなのです。

 ふむ。無理だ。

 適当な理由をつけて丁重にお断りしました(折角誘っていただいたわけですから申し訳ないですよ)。私遊びに行けないんです。

 突然話が変わるようですが、私の父親は他界しております。私が小学校の低学年だった頃に赤信号をふらふら渡って自動車にはねられた、まあ要するに(はねた方にしてみれば大変迷惑な話なのですが)自殺ですね。後になって彼もアスペルガー症候群だったらしいことが分かったので、きっと生きづらくなったんだろうなと。妻子がありながら自殺を選ぶ身勝手さはさすがにアスペルガーだなと感心するところです(私もしっかりとその血を継ぎました)。
 そのため母親がひとりで私を育ててくれたわけですけれども、これがどうにも、というお話だった様。

 冒頭の話に戻りますと、後ろめたさを感じるのです。遊びに行くことに。母親がそれを望んでいないと考えてしまうのです。そしてその母親の意向というのが、私にとって遊びに行きたい希望よりも優先すべきものであるように感じられてしまうのです。
 これに関して母親とは幾度となく話し合ったのですが、私はどーしても、どーしてもこの考えを捨てられません。そしてその考えを乗り越えることもできません。遊びに行きたい気持ちはあるんですけどね。

 ドSなんだかドMなんだか、自分で遊びに行くことを拒否しておいて、家と自習室を往復するだけの休暇期間にストレスを溜めているのですから救いがないといいますか…
 やりきれない気分は基本的に食で解消している節があるのでしょうか、只今はコンビニのぱさぱさの食パン1斤(6枚)を一気に貪り食っております。電車3駅の間に4枚のペースはヤバいっすよお嬢さん。というか水分買うの忘れた。口内が死んでおります。

 今日はボカロ。GUMIのECHO(Crusher-P)をリピート中。格好いいですねーECHO。ヒビカセとのマッシュアップも最高だと思います。思いついた人天才か。

 とか何とか言ってたらパン6枚無くなってしまった…水分欲しい…満足感皆無だし同じ味で飽きる…何と…。